10月16日(火)より、長崎県図書館協議会合同イベント
Library Lovers' NAGASAKI キャンペーン2018
<参加型救出ゲーム:「助けて!でじまくん」 おまがり~ず大ピンチ!!> が始まりました!

「本の森(図書館)」でいたずらをしてひめ課長を怒らせてしまった尾曲がり猫の「おまがり~ず」の5匹が、ひめ課長の魔法(?)でポスターの中に閉じ込められてしまいます。
館内に貼ってあるポスターの問題を解いて、おまがり~ずを助け出そうというこのイベントですが、わが長崎外国語大学でも、開始後早速参加者が!

無事に「おまがり~ず」を救出し、記念品をゲット!
「問題を解きながら図書館のことも知れたので楽しかったです」と感想をくれました。
設置したホワイトボードにも書いてくれて、参加者の感想もにぎわいつつあります。


gaidai参加者写真


第1回(2016年)の「本の森(図書館)」を巡って、カボチャのおばけに奪われた、5匹の尾曲がり猫たちの名前を取り戻す〈おまがり~ずの名前を取り戻せ〉、
第2回(2017年)の日本語が話せない留学生のために問題を解きながら館内を案内していく〈5匹の図書館ねこ「おまがり~ず」と一緒に英語で図書館案内にチャレンジ!〉
に続いて3回目となるこの合同イベントですが、毎回挑戦していってくれる参加者もいます。
今年はすでに先生が授業の合間に生徒を連れて参加してくれる予約も3件ほど入っており、嬉しく思っています。
これからもどしどし参加者が増えて、図書館を身近に感じてくれるようになって欲しいですね。