「Library Lovers' Nagasaki」とは、長崎の大学図書館を盛り上げるために、長崎県内の国公私立大学図書館が合同で行うキャンペーンです。長崎の大学生に、もっともっと「大学図書館」を、そして「長崎」を好きになってもらうために、楽しいイベントを企画していきますので、みなさん一緒に盛り上がりましょう!
2017年のキャンペーン期間は、10月17日~11月13日までの23日間です。たくさんのご参加をお待ちしています!

2017年度

長崎大学附属図書館(中央図書館)です。
本日スタートした「英語でチャレンジ!ラリーはどこ!?」

開館するやいなや、チャレンジしてくれた学生が、クリア第1号となりました♪
おそらく全体でも第1号だったのではないでしょうか?

昨日から楽しみにしてくれていたようです。  ・・・準備の大変さが報われます(涙)

そんな第1号の彼は、教育学部の4年生です。 おめでとうございます!!!!!
DSC03530

閉館まで、まだあと5時間ほどありますが、17時現在のクリア者は6名。
(昨年の初日のクリア者は16名だったはず・・・)
やはり問題文が英語ということもあって、時間がかかっているようです。
でも、まだ諦めていません。これからクリア者が増えるはず!(と信じたい!)

学生の中には、授業の合間に図書館に来て、問題冊子を持って帰る学生の姿もありました。
時間がある時にまた図書館に来て、最後まで解いてくれると信じて、静かに見守りたいと思います♪
DSC03551

まだまだこれからです!!!! みなさん是非挑戦してくださいね♪

=Library Lovers’ Nagasaki 2017=

今年も、張り切って開催です。

昨年開始した際に誕生した“でじまくん
そして“おまがりーず”たち
もちろん今回も大活躍します。

そして、今年の合同企画で、無くてはならない新キャラクターを、紹介します。

ものがたりの始まりを飾る、日本語がわからない、二人の留学生!!

テオ
LLN_留学生(A02)
なんでしょう、フッと浮かんできたんです。
ギリシャ系フランス人・・・ステキでしょ。
そして、心理学を専攻しているからこそのアニメ好き。
(ココ、こだわりなのです。)

そして、


キャサリン
LLN_留学生(B02)
カナダで、空手。
元気いっぱいの暑がり(ここでぐっと親近感を覚えます)。
行ってみたい国を思い浮かべたら、頭の中に来てくれました。

このお二人に、図書館の案内をすべく、“おまがりーず”たちは頑張るのです。


更に、今回の重要なカギを握る、新キャラクターが登場します。
LLN_ひめ課長(影)

どこで登場するかは、乞うご期待!!









 本日10月17日(火)より、長崎県大学図書館協議会合同キャンペーン
「Library Lovers' Nagasaki 2017」
【参加型ゲーム:英語でチャレンジ!ラリーはどこ!?】がスタートしました!

合同企画ポスター 2017

今年は、キャンペーン参加館が12校、うち9校が合同企画に参加しています。



【参加型ゲーム:英語でチャレンジ!ラリーはどこ!?】


                    場 所    各大学図書館                   
                    期 間    10月17日(火)~11月13日(月)     
                    対 象    各大学の学生・院生            
                    参加方法  各図書館で冊子を入手してスタート! 



今年のゲームは、英語で出題します。(高校レベルの英語です)
ゲームクリアした方には「Library Lovers' Nagasaki 2017」オリジナルグッズをプレゼント!

皆さん、ぜひ挑戦してみてくださいね!


問題を解いて、素敵な商品をGetしよう!!

kirakira_woman



長崎外国語大学
教育研究メディアセンター マルチメディアライブラリー
を紹介します!

こんにちは!
長崎学院長崎外国語大学は長崎市と時津町の間の高台にあります。
見晴らしがよく、教室の窓からは山々の連なりや大村湾がよく見えます。
当館、マルチメディアライブラリーは正門から入って左手の建物の一階つきあたりにあります。
運が良ければ、当校のおまがりねこのお出迎えが受けられますよ。

学内で「ライブラリー」と呼ばれている図書館は、天井が高く広いワンフロアの明るく開放的な空間に、書架・閲覧席・視聴覚コーナーなど、図書館に必要な全てがコンパクトに配置されていて、大学図書館にありがちな閉塞感や圧迫感はまずありません。
学内のアクセスも抜群で、教室移動の途中に「ちょっとライブラリーへ」と立ち寄ることができます。


gaidai-2

特徴は、蔵書の35%が外国語の図書であることと、日本語学習を含む語学学習に関する図書が多めなことです。
英語はもちろん、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、その他なかなかお目にかかる機会がないような言語の図書にも触れることができます。

日本について外国語で書かれた図書を集めている国際交流コーナー」には、日本の歴史、文化、地理、社会、生活全般に関する図書や、古典から現代までの日本文学の多言語翻訳、平和学習用の洋書などが配架され、閲覧席もあるので留学生と日本人学生がともに学ぶことができるようになっています。

gaidai-1  gaidai-3

視聴覚コーナー」では、頭上から音声がシャワーのように降ってくる指向性スピーカーが設置されたグループ席でゆったりと、字幕と音声を異なる言語で楽しむこともできます。

新しい図書との出会いの場である新着図書コーナー」やソファに座ってじっくり手にとれる企画展示コーナー」、長崎に関する図書の郷土資料コーナー」もお忘れなく!

いつも利用してくれる“常連”の皆さんには、引き続きのご愛顧をよろしくお願いします。
Library Lovers’キャンペーンを機にライブラリーに足を運んでくれた皆さんには、今後もライブラリーの蔵書やサービスを使い倒して“常連”になってもらいたいと思っています。

わからないことはライブラリースタッフに何でも聞いてください。お待ちしています。

長崎外国語大学 マルチメディアライブラリー ホームページ
長崎外国語大学 ホームページ

活水女子大学図書館

 

こんにちは。活水女子大学図書館です。

本学の3キャンパスの図書館をご紹介します。


東山手図書館は、長崎市東山手町の丘の上にあります。
こちらのキャンパスは全学の学生が利用するため、ほぼすべての分野の蔵書があります。
授業に必要な資料だけでなく、最新の小説や新書・文庫なども提供しています。
     20994241_1767703289924180_534954872855988900_n
 IMG_1338 


新戸町キャンパスは、食生活健康学科と音楽学部の研究室や実習室・練習室などがあります。

そのため、新戸町図書館では栄養学や音楽などの専門的な分野が中心です。
敷地内の寮で生活する留学生や寮生の要望により、一般書のほか文化交流関係の資料や日本・長崎についての資料も充実させています。

18342819_1652516134776230_7641335504180543063_n[1]新戸町

 

看護学部キャンパスは大村市の国立病院機構長崎医療センターの敷地内にあります。
看護学部図書館では主に看護系・医学系の蔵書があり、実習や演習のために多くの学生が利用しています。

館内から大村湾を眺望することができ、静かでとてもいい環境です。
15665970_1493956563965522_3394114571531613051_n[1]
                 無題

今年も、3館とも合同企画に参加します!複数館でのチャレンジも可能ですよ。

このほか独自企画として、各館で特設展示とイベントを予定しています。

特設:「選挙を知ろう、投票に行こう!」特集(東山手),「インターンシップ生のおすすめ」特集(新戸町),「秋の夜長 ぐっすり眠れてますか?」特集(看護学部)

IMG_1333 

イベント:

10/14(土) 秋の選書ツアー ※市内書店にて開催

10/27(金),28(土) 活水女子大学学園祭「螢雪会」

 図書館企画「本の縁結び リユースブックがあなたを待っている」

10/27(金)  細井浩志教授ミニ講演「日本における暦の変遷~織田信長と暦」 


  無題

螢雪会は一般の方もご参加いただけます。ぜひお越しくださいね。



非常勤名誉館長のサビ(♀)も学内のどこかでお待ちしています

17796841_1613067138721130_3855768641344077448_n[1]

 

活水女子大学図書館 HPhttp://libsec.kwassui.ac.jp/

活水女子大学図書館 Facebookpagehttps://www.facebook.com/kwassuilib/

↑このページのトップヘ